ふわっと透る

20代女ミニマリストの思考記録

迷ったら白い花

これは菊の花。
菊の花は安いものだとこの本数でも200円です。
(まさにこの花が200円でした)

花屋さんに行くと、どの花にするか、どの色にするか迷うのですが、
本当に決まらなかったら白い花がおすすめです。
f:id:sora-haku11:20180207191134j:plain
自宅の小さなダイニングに飾ってみると、白い花は品があってとても良いのです。

品を感じさせる条件として、主張しすぎないというのは基本だと思います。

ホテルの大きなエントランスではなくて、自宅の6帖のダイニングでは、白い花や小さな野草でもちゃんと映えます。

黄色やピンク色も明るい気持ちにしてくれるので、たまには良いのですが。

花においても、ホワイトは王道だなと感じます。

 我が家で使用している磁器の花瓶は、花瓶として売られていたものではありません。

ニトリで買った、アロマオイルにラタン材を挿して香りをとばす、あれです・汗

ついていたアロマオイルの人工的な香りがちょっときつくて、でも容器の形が一輪挿しにちょうどよかったので、転用しました。

磁器の下に木製皿を敷くと、お互いの質感を惹き立て合ってくれます。
f:id:sora-haku11:20180207191208j:plain
奥に見えるのは、我が家で本棚として使用しているカラーボックスです。
目隠しカーテンを張っているので判りにくいですが、2つを横に並べています。

集成パイン材の板を水性ウレタン塗装して、のっけてあります。
(引越しが多いので、貼り付けてはいません。)

ないものだらけ、妥協ものだらけな我が家ですが・・・

家具を簡単に買いたくありません。
何年もかけて少しずつ見て回って、さわっているうちに・・・
ある時ふと出会うその家具を、待っていたいと思います。

いろいろ脱線してしまいましたが、
【迷ったら白い花】でした。