ミニマリストのほっこり飯

ミニマリストでもおいしく健康的に自炊したい・・・そんな方のためのblogです!

普通の調味料をちょっと足すだけ

f:id:sora-haku11:20180211140541j:plain
今日の昼食です。
主菜に鮭を使いました。
お金があったら毎日食べてしまいそう、本当はお魚が大好きなんです。
(現状、魚は週に2回程度です)

スープには赤パプリカ・小松菜・もやしが入っています。

お夕飯用ににんじんを茹でていた、その茹で汁に、めんつゆを小さじ1足して具材を茹で、最後に豆乳を大さじ2(にごり具合を見ながら適当にです)加えました。
f:id:sora-haku11:20180211140649j:plain
ただ、失敗しました!
再加熱により豆乳が分離して、白いつぶつぶになってしまいました・・・。

これは、主人といったん外出してから帰宅後に食べる予定だったのです。
豆乳は、帰宅後温め直してから加えなくてはいけなかったんです。

味はそう変わりませんが・・・人に提供するものなので、次から気をつけます。
f:id:sora-haku11:20180211140607j:plain
大根の薄切りと長さ3cmに切った豆苗に、ポン酢をかけただけです。

この器自体が、豆苗や白い大根が映えると思い気に入ったものなので、我が家の定番的副菜です。

豆苗や水菜は、炒めて食べるのがもったいないお野菜だと感じています。
(お天麩羅はまた別で、いけそうな気がします・・・笑)

豆苗は、炒めても茎っぽさが最後まで残ると思うのですが。
洗っただけでドサッと盛って、気に入ったドレッシングをかけて食べると、茎なんて気になりません。

一番クセのない、食べやすい葉っぱじゃないでしょうか。

なまの大根は辛そうに思えますが、実際食べてみると不思議な甘みがあり、何度食べても飽きません。

ビタミンCなのでしょうか?
身体が欲している味です・笑

いまが冬で、まさに旬だからかもしれません。
f:id:sora-haku11:20180211140628j:plain
主菜には、鮭・ごぼう・玉ねぎ・しめじ・エリンギが入っています。

エリンギは、切ってしまうときのこのように見えず、とても柔らかいお肉のような顔をしてくれるので助かります。

【アバウトなつくりかた】
 鉄炒め鍋を熱したところにオリーブオイルを垂らし、中火で、玉ねぎ1/4とごぼうを炒めます。

しんなりしてきたら、しめじとエリンギ、それにめんつゆを大さじ1加えてかき混ぜ、行き渡らせます。
火が通ったら、弱火に落として。

具材を平らに広げ、その上に鮭をのせます。

鮭の上には8~10gのバターをぽんと置きましょう。
(割高ですが、私はもともと切れていて個装されているバターを買っています)

あとは炒め鍋にフタをして、様子を見ながら3~4分ほどじっくり蒸らします。

・・・加熱はし過ぎないほうがいいです。
バターが完全に溶けて広がりだしたら、もうそろそろかな~と見守ってあげましょう。

美味しそうな匂いがし始めたら、完成です!(超アバウト!)

【普通の調味料をちょっと足すだけ】でした。